指輪の選び方 結婚指輪の選び方の解説 指輪 ネックレスの素材について

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark

こんばんは。じゅえりー工房K伏見桃山店のクラフトマンです。日が昇り段々と暑くなってきましたね。夏ほどとはいきませんが、水分はこまめにお取りください


前の記事の続きになりますが、K24こと純金を使わずわざわざK10K18まで落とすかといいますと・・・



金は非常に柔らかく、そのままの状態ですと装飾品に向いていないからです


金箔のように薄くできるものですからね。伸びもいいので簡単に形が変形してしまいます。


なので、他の金属を混ぜて装飾品に向くように製錬するのです その過程で混ぜる金属の比率で色味か違ってきます。


先ほどの商品も一例ですので、もっとピンク色のものもありますし、もっと黄色がかったものもあります。店舗にそのほかの商品もございますので、お気軽にお越しください

 

K10とK18では、金の割合がK18のほうが多くなるので、どうしてもお高くなってしまいます。普段使いにK10、ハレの日にはK18など区別されてもいいですね。

コメントは受け付けていません。