日別アーカイブ: 2014年10月28日

ウォーターメロントルマリンの指輪をペンダントにリフォーム

お客様の受け継がれた指輪をシンプルなペンダントトップにプチリフォームしましたのでご紹介します。

こちらが今回お客様が持ってこられたウォーターメロントルマリンの指輪になります。とっても個性的なこちらの指輪ですが、お母様から受け継がれたというお客様はシンプルでカジュアルなものがお好みとのことだったので指輪についている石枠もそのまま活用してペンダントトップを制作することになりました。

はじめに一度石を外して石枠部分を指輪から切り取ります。

ヤスリを使って石枠を綺麗な形に整形したらバチカンとを繋ぐための丸カンを用意します。

丸カン、バチカンを本体と溶接して繋ぎます。失敗するとバラバラになってしまうこともある作業なので慎重にバーナーの火にかけます。

バチカンが付いたら一度ぶら下げて見てバランスを確認します。全体に一度きれいに研磨をかけてから石留の工程に入ります。

松ヤニに固定して外していたウォーターメロントルマリンを留め直します。インクルージョンの入っている割れやすい石なので細心の注意が必要です。

最後に爪の形を整形して細かいところまで光らせて完成します。

スイカのような色合いからウォーターメロントルマリンと呼ばれるこちらの石は積層ごとに色が違うトルマリンの境目の部分になります。個性的でとても美しい石ですね。こちらの石をシンプルなペンダントにすることで普段使いしやすいデザインになっています。また、チェーンの代わりにロングの革紐を合わせることでカジュアルにも使いやすいように仕上がっています。

石自体、存在感があるものとなっているのでシンプルなデザインでも見栄えのする仕上がりですね。オールシーズンで楽しんでいただけるペンダントだと思います。ぜひまたメンテナンスの際などは当店をご利用くださいね。この度は誠にありがとうございます。